スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kerascoët

久し振りのKerascoët関連。昨年BD情報サイトに掲載されたインタビュー。『Jolies ténèbres』共同作業の分担方法など?

Kerascoët制作のミュージッククリップ。
Thomas Fersenの"HYACINTHE"は『プチバンピ』のジョアン・スファール監督。2006年アヌシー国際アニメーション映画祭ミュージックビデオ部門受賞。


Dionysosの"Tes Lacets Sont Des Fées"。曲が収録されているアルバム"Monsters In Love"のジャケット画もKerascoët。
スポンサーサイト

Kerascoëtインタビュー

Interview des Kerascoët

マリーさんが何喋ってるかは勿論判りません。

Jolies ténèbres

がアングレーム公式セレクションに入ってる!やった!これが弾みになって日本語訳が出ればいいんだけどなー。
『Jolies ténèbres』[紀伊國屋書店][amazon.fr]


BD JAZZ Anita O'day

BD JAZZ Anita O'day - Kerascoët
BDjazz_ANITAODAY_1.jpgジャズシンガー、アニタ・オデイを描いた読み物、CD2枚。昔の縦長シングル盤が12センチサイズになった感じかな。ハードカバーにBDとデジパックトレイが付いてる。
アニオタの日。

BDjazz_ANITAODAY_2.jpgちょっと物足りないがCD2枚で充分安い(送料は無視して…)し、そのおまけと捕らえるとなかなか徳用。アニタ・オデイが好き、ジャズが好きって人以外には特に薦めたりしませんが。

国内オンラインショップでは多分今は買えない。

Donjon Crépuscule

Donjon Crépuscule, Tome 104 : Le Dojo du lagon
donjoncrepuscule104_1.jpg
はいサッパリ読めませんよー。

donjoncrepuscule104_2.jpg
おちんちーん!

Donjon Crépuscule, Tome 105 : Les nouveaux Centurions
donjoncrepuscule105_1.jpg
はいサッパリ読めませんよー。

donjoncrepuscule105_2.jpg
この宮崎駿的ビジュアルセンスがそもそも『ドンジョン』全体に通じてるものなのかKerascoët独自センスなのかもよう判りません。

donjoncrepuscule105_3.jpg
スケアディ登場。


読めるようになったらまたブログ記事にします、う。
KerascoëtのBDいろいろ買って判ったこと。Jolies Ténèbresむっちゃ判りやすい話だった。これはあれ、フランス語力ゼロでもOKなんで是非買って下さいよ。Kerascoëtの他のBDはともかく、Jolies Ténèbresだけは手放しでオススメしますよ。気になるコマをピンポイントでweb翻訳するだけでだいたい判るんだもんな。

ほーれほれ買え買え。

Kerascoët

『Donjon Crépuscule』2冊、『Miss Pas Touche』4冊、BD jazz『Anita O'Day』届いたけどどう紹介すればいいのか。特に『Miss Pas Touche』はミステリということでリーディング必須、お手上げ。
あとでいくつかスキャンUPするかな。

BD jazzシリーズは国内amazonでもいくつか手に入るものがある。『Anita O'Day』はないっぽい。マーケットプレイスで結構な高値のもあるんだな。ナット・キング・コールがちょっと欲しい。

「Kerascoët」カテゴリ作る。今後の為「バンドデシネ」にしたほうがいいかも知らんけど。

Kerascoët

試しに、と思って前に揚げたもの全部と8月発売のMiss Pas Touche4巻をカートに入れたらうわあああみたいな。おかね!こまる!目を閉じて注文。前回、ゆっくり集めるなどと言いつつ光の速さででまとめ買い。
『Anita O'Day』と『Donjon Crépuscule, Tome 104』だけはHMVにも紀伊国屋にも欧明社にもなかった。あれば勿論国内のショップを使うんだけど。

ところでこのBD JAZZってシリーズで47枚も出てるんですな。うははひょっとしたら他にも欲しいのがあるかも。

あと、Kerascoëtロニー・デル・カルメンさんのブログでも度々紹介されてるのでネタバレ注意。ってネタバレはないと思うけど。『Jolies Ténèbres』より前に描かれた?主人公オロール。こっちもかわいい。
つーかロニさんとどんな関係?サイト自体は前々から見てたけど、今眺めてたらこの人の本も欲しくなってきた。

Kerascoët

joliestenebres_20090716175317.jpgということでまた『Jolies Ténèbres』啓蒙。

numerotokyo.jpgM A H O : J O U R N A Lさんが紹介していたNuméro TOKYO2008年4月号届く。

numeroKerascoet.jpg
Pommepuyってポムピュイて読むんか…
Jolies Ténèbres』しか読んでない訳だけど、内容から、描き手つまりMarieさんがグロカワ好きなのは一目瞭然なので記事にも納得。



numeroamiyumi.jpg
おまけ。アミユミの記事もあった。
マンガ家の命日
藤子
Mia et le Migou
Brendan et le secret de Kells
Homicide: Life on the Street
買わないという選択肢はない ホミサイド/殺人捜査課
最近のコメント
ブログ内検索
◆のおすすめ





邦題『フォスターズ・ホーム』第2シーズン、米版リージョン1、日本語なし。
第1,2シーズンのセットもあるよ。

邦題『フォスターズ・ホーム』第1シーズン、米版リージョン1、日本語なし。









最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。