スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガ家の命日カレンダー

誰かが亡くなったらお悔やみを言うのはみんな大好き!
命日に「天国で○○先生が云々」とか垂れ流すのもだ~い好きだよね!!
そんなみんなのために好きなときに死んだマンガ家の話題ができるカレンダーを作ったよ!
よろしくね!

★カレンダー ID
jo9hlneos8i096rli6g0smrbgs@group.calendar.google.com

★HTML
https://www.google.com/calendar/embed?src=jo9hlneos8i096rli6g0smrbgs%40group.calendar.google.com&ctz=Asia/Tokyo

★ICAL
https://www.google.com/calendar/ical/jo9hlneos8i096rli6g0smrbgs%40group.calendar.google.com/public/basic.ics
↑iOSは上記をコピー→[設定]→[メール/連絡先/カレンダー]→[アカウントを追加]→[その他]→[照会するアカウントを追加]→[サーバ]にペースト



★フィード(命日を追加したときに更新)
https://www.google.com/calendar/feeds/jo9hlneos8i096rli6g0smrbgs%40group.calendar.google.com/public/basic

★タテヨコ比は<width="*" height="*">の数字で調節

▼リスト表示
<iframe src="https://www.google.com/calendar/embed?mode=AGENDA&height=500&wkst=1&bgcolor=%23ffffff&src=jo9hlneos8i096rli6g0smrbgs%40group.calendar.google.com&color=%232952A3&ctz=Asia%2FTokyo" style=" border:solid 1px #777 " width="200" height="500" frameborder="0" scrolling="no"></iframe>
右のカラムに貼り付けてるやつ

▼週表示
<iframe src="https://www.google.com/calendar/embed?mode=WEEK&height=600&wkst=1&bgcolor=%23FFFFFF&src=jo9hlneos8i096rli6g0smrbgs%40group.calendar.google.com&color=%238D6F47&ctz=Asia%2FTokyo" style=" border-width:0 " width="800" height="600" frameborder="0" scrolling="no"></iframe>

▼月表示
<iframe src="https://www.google.com/calendar/embed?height=600&wkst=1&bgcolor=%23FFFFFF&src=jo9hlneos8i096rli6g0smrbgs%40group.calendar.google.com&color=%238D6F47&ctz=Asia%2FTokyo" style=" border-width:0 " width="800" height="600" frameborder="0" scrolling="no">
</iframe>

カレンダーを共有する方法
スポンサーサイト

HIS FACE ALL RED

そういえばEmily Carrollさんのハロウィンマンガ『HIS FACE ALL RED』がよかった。何故今更の紹介かというと、未だにたびたびtwitterで上がって来てそのときどきに毎回思い出すから、覚えてるうちにw
hisfaceallredtitle.jpg
Emily Carrollさんサイト
twitterアカウント

マーベルキャッツ

月曜辺り?からなにやらtwitterで面白いことが始まってる。
#mrvlcatsのハッシュタグで


マーベルキャラクターの猫化イラストを描くというミームというかブーム。誰が始めたかは私のスキルではもう辿れない…
たとえばこれはコミックアーティスト、Katie Cookによるスパイダー・キャットとサンドキティ(スパイダーマンとそのヴィラン・サンドマンの猫化)。

twitterの#mrvlcatsハッシュタグや、twitpicの検索やdeviantARTの検索、ほかいくつかのまとめサイトで見ることができる。最近はプロアマ入り乱れてもうハッシュじゃ追いきれないので私はAgent M Loves Tacosあたりで見てる。誰か日本語版のまとめ作ってください…

メビさん

moebius1.jpg
先週木曜・土曜(再)にNHK教育で放送された『テレビでフランス語』にメビウスおじさんが登場したのでした。

moebius2.jpg先日京都で開かれたシンポジウム。

moebius3.jpg浦沢直樹もちょこっと登場。

moebius4.jpgちなみに語ってた内容は、バンドデシネを知らない人向けで大した内容ではない。ただフランス文化に興味のある人の目に触れやすい番組で取り上げられたことは良かった。

インタビューはNHKテキスト『テレビでフランス語』9月号にも載っている。立ち読みで済む程度なので書店で見かけたら是非。

ブラックサッド

『ブラックサッド』の面白いところはエピソード毎に世界を取り巻く様相が、エピソード毎に変化するところだ。有体にいうと書き手の都合で。
1巻『黒猫の男』では、黒ネコのニヒルな探偵、イヌの警官、イタチの新聞屋、巨漢のクマやサイの用心棒、トカゲの悪役など、それぞれ動物の持つ擬人化イメージの最大公約数に従って描かれている。
ところが2巻『凍える少女』では、その辺りの設定を完全に無視した訳ではないが、全く別の価値観が盛り込まれている。黒い動物と白い動物に大別して人種差別を描いており、各種族としての差はほとんど意味を成していない。白いオオカミと白ヘビが仲間だったりする。別の動物同士で子供作ったりしていて、1巻のパターンから一線を画す社会構造になっている。1巻でも別の動物同士の恋愛関係は描かれるが、生殖までは表現されなかった。
3巻『赤い魂』は、人種差別の話題を盛り込まず1巻に近いパターンに戻っている。『ユーロマンガ』vol.2に載っている完結編の最後に付いてるおまけカットが更に新しいパターンを形成していてちょっと面白かった。ポンチ絵的つーか。

次に描かれるであろう第4の動物社会がどんなものになるか楽しみに待っているが音沙汰がない。
第3巻『赤い魂』は未単行本化、『ユーロマンガ』vol.1, vol.2に掲載。

アイロン

gunnironman.jpgティム・ガンがアイアンマンのスーツ着るとか。ティム的美感ではこのスーツはどうなの?w
「コスチュームっぽいな」か。
timgunn.jpg

バットマン

DKRとDK2が合本で復刊

忘れてたが復刊コメントを見たら去年投票してた。わーい。
マンガ家の命日
藤子
Mia et le Migou
Brendan et le secret de Kells
Homicide: Life on the Street
買わないという選択肢はない ホミサイド/殺人捜査課
最近のコメント
ブログ内検索
◆のおすすめ





邦題『フォスターズ・ホーム』第2シーズン、米版リージョン1、日本語なし。
第1,2シーズンのセットもあるよ。

邦題『フォスターズ・ホーム』第1シーズン、米版リージョン1、日本語なし。









最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。