スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1117ドラ

1週間も経てば最早旧聞だが、先週のドラが良かった。

続きを読む

スポンサーサイト

A先生

今から来月末までのヲタ買い物の総額を計算したら、12万超え…今年の初めには、年末に新しいパソ買う計画でちょっとづつ貯金してたんだけどなあ。もう無理。貯金のペースを上げても来年度に間に合いそうにない。

BS朝日『男たちの食宴』4月の再放送って、昨年の4月かよ。見聞きしたことのある話ばかりだったけど、何度聞いても面白い。
石川次郎「これ(出てきた酒)なんだか判りますか?」
Aせんせい「判ります、判ります!これは…」
石川次郎「チューダー」
Aせんせい「そうそう、そうですそうです」
(会話は大意)
みたいないい加減なやりとりが2度もあって笑った。
噂の弁当スケッチも見られたし、いい感じ。

赤塚不二夫のまんがNo.1』届いた。当時の長谷さん熱いよ!
30年前後遡った時代の思想はえらい稚拙で、ほとんどみんな千年王国を妄想している。そういう作品を最近よく目撃するのだが(『ペイネ愛の世界旅行』とか)、今回も「またか」って感じ。作品に時代性が染み込んでるのは歴史的価値として面白い反面、作品としてつまんねーとちょっとがっかりする。つまり、時代性という付加価値がなければ読む気も起きねーよ及川正通。現在イラストレーターだけやってて正解。
まあ、載っているマンガはだいたい面白いけど説教モードに入るとろくでもないw
しかしそういった当時の熱気とまったく無関係に杉浦茂のマンガが激しく面白い!このメンツの中では比較的ライトサイドのA先生ですら当時の空気に飲まれているが、杉浦マンガの時空を超越した底抜けの楽しさはすごい。言い切ってしまうが、この本の中でこれだけが唯一「まんが」だ。
A先生の作品は全体から見ると上品なマンガ。
CD、中山千夏の歌声がかっこいい!浅田飴。



NECOの『まんが道』
12月 9日(土)11:30~04:30 1st season
12月16日(土)18:30~23:30 2nd season青春編
12月16日(土)23:30~00:30 『NHKスペシャル』「わが青春のトキワ荘 現代マンガ家立志伝」
12月31日(日)06:00~11:00 1st season
12月31日(日)11:00~16:00 2nd season青春編
12月31日(日)16:30~16:50 『NHKスペシャル』「わが青春のトキワ荘 現代マンガ家立志伝」

12月は宇土まんぶを観よう!

買い物とか

NEWドラ2005冬DVD、『ゴキブリだもん ~美しきゴキブリの世界~』届く。『ゴキブリだもん』すげえ!面白い!オールカラーで黒いゴキブリ茶褐色で半透明のゴキブリかわいいゴキブリ不細工なゴキブリ脱皮したばかりのクリーム色のゴキブリガマ口のようなゴキブリの卵ゴキブリを飼う人ゴキブリを食べる人。ゴキブリ好きなら買ったほうがいい。ゴキブリ好きってお前。

絵の資料に買ったんだけどね。表紙カバーのクロゴキがエンボスで浮き出しているのも洒落てる。ワモンが好きなのでこっちが表紙ならもっと良かったのだが…



Wii、アピタ開店3時間前から並んで予約できた。しかし買う予定のソフトがクレしんだけって。『ネクロネシア』も欲しいな、ゴキブリの出番があるらしいし。




最近テレビづいているA先生

BS朝日『男たちの食宴』1120(月)22:25~22:55にA先生登場。
「丸ごとロールキャベツ!」「フレンチ風?うどん!?」氷見うどんを使ったりするらしい。キャベツといい、なんとなく番組の意図がわかるメニュー。

HDDの検索機能のお陰で藤子追っかけが随分楽になったなあ。



この番組は本にもなっているが既に品切、A先生回が収録されるまで続刊が刊行される可能性があるかは不明。


追記:
ってバックナンバーの4月のとこに同じ内容の回があるな、今回は再放送だったか。

メージュその他

◆ドラ予定
11月17日「スクープ!しずかちゃんは悪い子? おそるべき正義ロープ」(て23巻)
      「鳥だ!飛行機だ!ドラミちゃんだ! ミニ熱気球」(同40巻)
11月24日「四次元たてましブロック」(同27巻)「むすびの糸」(同31巻)
12月 1日 ドラミちゃん誕生日SP
      「ウラシマキャンデー」(同9巻)「ドラえもんとドラミちゃん」(て+4巻)
12月 8日「悪魔のパスポート」(て13巻)「かわいい石ころの話」(同37巻)
12月15日 クレしんSPのため休止

年末特番の放送日はまだ不明(大晦日を外す可能性が高まっているので…

続きを読む

『働きマン』

「あやまりマン」ダメじゃないですか。と思ったら前にダメだった第1話「女の働きマン」と同じく山田由香さんが脚本だった。
ダメじゃないですかorz

小説やマンガだと自然に挿入できるモノローグが、映像作品になった途端不自然なダサ演出になってしまうのが、一見原作とそっくりのシーンなのに原作の感動がなくなってしまう一因だと思うが、それ以上に原作に比べ弘子の比重を大きくしすぎている。第1話で切られた雅美との食事シーンをここで挿入しているが、お陰で原作ではセックスレスの原因が(このエピソードの時点で)五分だった筈なのに新二の責任がより重くなってしまった。

ちなみに作画もヘボでした。

ケモノヅメ終わった

第13ワ「味は関係ない」(最終回)

脚|コ|演/湯浅政明 作監/伊東伸高
原画/橋本敬史 久保まさひこ
   濱田高行 新井浩一
   小倉陳利 宮沢康紀
   榎本結  野崎温子
   丸加奈子 松田宗一郎
   本間晃  久保川絵梨子
   CHOI EUNYOUNG
二原/小池沙央里
エンディング原画/清水洋
背景/スタジオ・イースター|DR MOVIE

Aパートからすごいすごいと喜んでいたら、Bパートでもっとすごいことになっていた。

続きを読む

訂正とお詫び

謎の加藤忍のエントリでやってしまいました。
>江原正士さんと山形Pと同じ大学という事実はありません。そもそも江原さんは高卒です。
【2006/11/03 21:13】 URL | ワイ #-[ 編集] | page top↑


ソースの再確認と繰り返しの推敲の重要性は再三再四肝に命じていたつもりでしたが、今回は勢いに任せてトバしてしまった。反省しております。突っ込んで下さったワイさん有り難うございます。

自己批判能力が欠けていたことに対し、忸怩たらざるを得ません。
マンガ家の命日
藤子
Mia et le Migou
Brendan et le secret de Kells
Homicide: Life on the Street
買わないという選択肢はない ホミサイド/殺人捜査課
最近のコメント
ブログ内検索
◆のおすすめ





邦題『フォスターズ・ホーム』第2シーズン、米版リージョン1、日本語なし。
第1,2シーズンのセットもあるよ。

邦題『フォスターズ・ホーム』第1シーズン、米版リージョン1、日本語なし。









最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。