スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古めの御悔やみ

藤子関係の訃報といえば、私が普段見ている全部の藤子サイトでハネケンが完全スルーされていておかしかった。まあ生きてる間は笑いものだけど、亡くなったら何でもかんでも奉り上げられるというようなこともアレなのでいいんですが。というか笑いものなのは合唱団のほう?というかPDの仕業?というか何がやりたかったのか。ウィーンウィーン。
主題歌に合わせた藤森作画OPはいいんだけどねー。ちなみにハネケンはOPとEDのピアノ演奏(+編曲監修)のみ参加で本編BGMは堀井勝美さん。エンディングの歌手は由紀さおり・安田祥子姉妹、何故『おばあちゃんの思い出』じゃなくこっちだったのか……
個人的には惜しい人でした。訃報をスルーした人たちと同じくこれは除外で。





太陽王伝説は味方の側で中田浩二、悪役で唐沢潤が出ていてアテレコ声優枠がいつもより捻った感があり、吹替ヲタにはちょっといい感じ。
このソフトが出る以前に併映作品をいい加減に寄せ集めたソフトを出しまくった所為で、本作のDVDには併映作(オバオモとドキドキ機関車)が入っておらず、「よし、なにかドラ映画を観よう!」という思い立ちで買うには少し重い。藤森OP目当てか、もしくはコレクションの最後のほうに買う映画。
スポンサーサイト

海賊

ドラ、ダメだなあと思いながら観てあとでクレジット確認。シンエイ的(ほとんど他社かフリーだけど、シンエイアニメでよく見る)ビッグネームが多くて驚く。しかしまあビッグネームといっても、全体的に業界数十年クラスのベテランが大多数で、年功で知名度を稼いだ感じの人も……
しかしなんだ、あれだ、原画の人数がやたらと多いときほど作画的にコケやすいのはどのTVアニメでもそうだなあ。針金屋さんなんかこんな回で埋没するより普段の10分半エピソードで一人原画したほうがよっぽど良いのにな。
まあエロいしずちゃん多くて良かった。

映画の映像はまだ出ず。来週前倒しで放送するかな。

忍たま10期[再]6

脚本/コンテ/演出
作画監督/原画

0716(月)
36「おばちゃんの涙 の段」
  田村竜/根岸宏樹/横山広行
  鈴木玲子/本多敏行・植田晶子・脇田亜衣
0717(火)
37「僕たち優等生 の段」
  田村竜/根岸宏樹/横山広行
  [作画]三浦悦子・山田みちしろ(作監なし)
0718(水)
38「くノ一の食事の当番 の段」
  浦沢義雄/鈴木卓夫/鈴木卓夫
  市来剛/小林哲也・浅井義之・小野木一樹
0719(木)
39「カメ子の突然… の段」
  浦沢義雄/鈴木卓夫/鈴木卓夫
  市来剛/小林哲也・吉原幸之助・小野木一樹
0720(金)
40「教師への道 の段」
  浦沢義雄/芝山努/六崎光幸
  六崎光幸/川口博史・王亜泉

三浦・山田という不思議な組み合わせなど。ぜんぶ亜細亜堂で安定。この前週金曜からこの週の月曜で話数が飛んでいる。
今日放送された三浦回は何度観ても飽きないなあ。

忍たま10期[再]
忍たま10期[再]2
忍たま10期[再]3
忍たま10期[再]4 ←来週ここ
忍たま10期[再]5 ←再来週

ドラ予定

7月27日
 「雲の中のプール」(てんコミ14巻)
 「スクープ!のび太と秘密のデート」

また謎のタイトルが。
サブタイトルを原作と違うものにすることはあんまり評判がよろしくないようだけど、元のサブタイトルが淡白なものを変えることは積極的にやればいいと思うんだがね。「地平線テープ」→「のび太の部屋の地平線」とか趣が出て綺麗。
今日のSPは元が「南海の大冒険」(45巻)かと思ったが、EPGなどを読むと「ボトルシップ大海戦」(同)に出た道具「船舶びんづめ機」が出るよう。


雑誌の片付けは後回しにして、古いビデオテープを空にしてまとめる作業。主に上書き用だったもの、CS等で繰り返し頻繁に放送されている海外ドラマ、同じ吹替でDVDが出ている洋画のみ。そのDVDを買うかというと、ほとんどの場合そうでもないのだが……どんどん減ってゆく。

またしても積みの予感

掃除進まない、結局まだ古雑誌を片付けていない。ゼルダ面白い。十字キーでキャラを操作せずいい感じなのはガングリフォン以来(いや全然ベクトルが……)。チャーハン作るが超普通、もう少し凝った具が欲しい。アマ・ジャナが訪問履歴にあったのですかさず削除。

部屋掃除の手始めに、DVDを収納するため細身のカラーボックスを作る。収納する。溢れる。まあだいたい予想通り……こんど録画モノだけ分けよう。1日1・2時間しか時間が取れないが、明日は古雑誌を縛り上げる予定。

桶谷さん

桶谷顕さんが亡くなったこと、残念に思います。『ボクがもらった幸せ』月末か来月に買おうと思っていたところでした。

原勝徳

『コロコロ伝説』Vol.2届く。藤子関係はこの方など他の人たちが書き出すだろうからもういいやっと。
小ネタ拾い、ドラの「キングコング」はこないだアニメ化された「地底の国探検」後編の一部シークエンスの元になったエピソード。『ミラ・クル・1』掲載エピソードが『雲黒斎』元ネタの第1話じゃなかったのが残念。ぴっかぴかコミックス希望。
125ページ、しのだひでおさんの『まんが入門』シリーズの記事

映画『クレヨンしんちゃん』の作が監督を務める原勝徳さんも投稿者の一人だった!

原さんはジャンプ放送局に投稿したり、桃伝だか桃鉄の女湯イラスト公募で採用されたりと、ハガキ職人としてのエピソードが豊富。

忍たま10期[再]5

脚本/コンテ/演出
作画監督/原画

0709(月)
21「大きなモグラ の段」
  浦沢義雄/志村錠児/志村錠児
  山田みちしろ/三浦悦子・橋村香保里・玉村幸子
0710(火)
22「合戦場のおにぎり の段」
  浦沢義雄/大宅光子/近藤優次
  近藤優次/山本勉・笠原良二・梅原誠
0711(水)
23「ふくしゅう? の段」
  阪口和久/大宅光子/岡英和
  山田みちしろ/浦中利浩・橋村香保里・玉村幸子
0712(木)
24「黄金の手裏剣 の段」
  浦沢義雄/根岸宏樹/横山広行
  大武正枝/本多敏行・浦田治恵・鈴木祐輔
0713(金)
25「刀を作って の段」
  阪口和久/吉田光春/清水明
  手島典子/林和男・尾鷲英俊

亜細亜堂、座円洞、亜細亜堂、亜細亜堂、ゆめ太カンパニー。安定した週。
まあそれはそれとして、0629(金)の三浦回ですよ!!10期最高の作画!


忍たま10期[再]
忍たま10期[再]2
忍たま10期[再]3 ←来週ここ
忍たま10期[再]4 ←再来週

河童ジーパー

『アニメーションノート No.6』
『河童のクゥと夏休み』原監督や末吉さん他へのインタビューなんか。いつも通り、シンエイ動画のサラリーマンとは思えない芸術家肌の語り。毎回背景美術ばっかりページを割いている『アニメーションノート』らしく美術に3ページ、それぞれ美監スタジオ・ユニ中村隆さんインタビュー1・住宅の美設1・背景1ページ。他のページにも小さい背景がいろいろ。もっと背景見たい!
茂木PDのデスク横に魔美BOXとか。顔を出さずインタビューもない堤のりゆきさんとか(ガックリ)。

『Genius Party』渡辺信一郎×湯浅政明対談。渡辺さんには全然興味なかったけど、これが田中栄子さんを濡らした人かー、とか。湯浅ラフスケッチ相変わらず水彩の滲んだ感じがいい。いつもどのアニメも完成するとこれがなくなって、ちょっと湯浅味が薄まる訳だけど、それはまあどんなアニメでも完成品では原画の線の面白味が消えてるのと同じで仕方ない。
いつかこの滲んだ絵のまま、紙が水を吸って乾いてできた皺をそのままに動かして欲しいね。

今号は比較的Aプロっ子向け、?、スカスカのオトナアニメ買うよりよっぽどよろしい。


恩地日出夫監督 劇場版『地球へ…』を語る
>原作に対して批判して、脚本を作るっていう作り方もあるわけです。
とか森田宏幸フェスティバルと期せずしてリンクしてて笑った。

忍たま10期[再]4

脚本/コンテ/演出
作画監督/原画

0702(月)
16「学園長の家庭訪問 の段」
  浦沢義雄/鈴木卓夫/鈴木卓夫
  川口博史/六崎光幸・吉原幸之助・五月女弘美
0703(火)
17「謎の注文 の段」
  浦沢義雄/鈴木卓夫/鈴木卓夫
  六崎光幸/細谷秋夫・都丸保・田村茂太郎
0704(水)
18「キノコ谷の宴会 の段」
  浦沢義雄/鈴木卓夫/鈴木卓夫
  六崎光幸/高野登・田村茂太郎・五月女弘美
0705(木)
19「オシロイシメジの花見 の段」
  浦沢義雄/木村哲/横山広行
  大武正枝/藤井七菜・佐々木綾子・岸野美智
0706(金)
20「低みの見物 の段」
  浦沢義雄/木村哲/横山広行
  大武正枝/柴田和子・玉腰昌樹・藤井七菜

2〜4日が亜細亜堂+ゲスト原画、5,6日が夢弦館原画。前回、本多さんが参加しているけど亜細亜堂回、とか 適当なこと書いたけど、便宜上あにまる屋原画回でよいか。まあ作監の鈴木玲子さんは亜細亜堂なんだけど、他社からの一人原画だと私的な参加かどうかが判別できないので。今回の判断基準は、後のほうのエピソードで、あにまる屋の他の人たちと一緒にクレジットされている回があったから。

ドラ予定

7月 6日
 「地平線テープ」(てんコミ28巻)
 →「のび太の部屋の地平線」?
 「たまごの中のしずちゃん」(同37巻)
 →「たまごの中のしずかちゃん」
7月13日
 「人気スターがまっ黒け」(同30巻)
 「真夏のひみつ道具ショッピング」
7月20日
 「ネコが会社を作ったよ」(同15巻)
 「アスレチック・ハウス」(同19巻)

「真夏のひみつ道具ショッピング」原作で考えられるのは「未来からの買いもの」(7巻)?と、思ったらテロップが流れて「みんなが真夏にほしいひみつ道具を番組ホームページで大募集!」なるほど。
「人気スターがまっ黒け」有野晋哉登場(スター……)13日新映画予告編登場、新魔界のときのように前倒しはあるか。どうせリークされるだろうけど……

23

山本二三監督作品『ミヨリの森』映画かDVDと思ってたらプライムタイムだった。
制作費2億円超!フジ系「ミヨリの森」で蒼井優2度目の声優挑戦

二三さんのインタビューとかないんかい。
ところで美術屋さんといえば、小林七郎さんもアニメ作っていると数年前聞いたけどあれはどうなったのか。

自由民権運動

WOWOWアニメ『デビル メイ クライ』観る気は全然なかったのだがヒマだったので観てみたらなかなか作画がよいし、青山さんが脇で出ていた、超出ていたので嬉しくてそのまま最後まで。確か監督の板垣さんが面白いことを言って話題になったように思うが、ぐぐって今読んでみたらべつに面白くなかったよ。

>もともと原作自体知らなかったんですよ。
>人から借りてやってみたら、あまりにも難しくて放棄しちゃったぐらい、


というところが元のゲームが好きな人の逆鱗に触れたのだと思うが、原作を知らないだとか、この後の部分で語っている、原作にない話を、とか怒るようなことなのか。原作に触れる前に原作を知らないのは当たり前だし(タイトルのみを知っていたかどうかも、当然関係ない)、元の話から少しも逸れないストーリーを楽しみたいならゲームだけやってりゃいいんじゃん?

まあこのアニメ自体そんなに……だったけど。あと私も元のゲーム知らない……
それよりその後にCNで観た『ビリー&マンディ』のほうが面白かった。悪霊ハンターと死神が戦う話ということでデビルメイクライと寸分のブレもない完璧な同一テーマですな!!

板垣さんはしばしばアニスタのコラムで自分は藤子ファンで、って書いているけど、あんまり深く入れ込んでいる感じはないなあ。

一応更新

吹替メモ
まだ全然体裁が整っていない訳だけども。

福冨カントク全開DVD−BOX

一球さん SPECIAL DVD-BOX
やべえ買いそう。シンエイが日本アニメーションの下請やってた最後の時代の作品で、現在もシンエイアニメで主力のスタッフの名前が多数。確か安藤敏彦さんが制作進行だった筈。

超福冨な本作を観てから福冨版のび恐を観たら、ああなるほどーみたいな。実はのび恐って福冨ワールド全開だったんだよね!福冨版のび恐に固執する意固地なドラヲタに、何故だかお薦め。
あと、これが打切りになっていなかったら本作の翌年スタートした第2世代ドラにも影響が出た筈。日アニよフジよ打切ってくれてありがとう。

手が出る値段だし、個人的に今年最大の目玉チンプイBOXの発売日と価格次第で買うかも。

忍たま10期[再]3

脚本/コンテ/演出
作画監督/原画

0625(月)
11「ドクタケのサバイバル の段」
  浦沢義雄/木村哲/成川武千嘉
  遠藤靖裕(作監兼一人原画)
0626(火)
12「クラブ活動 の段」
  浦沢義雄/木村哲/成川武千嘉
  鈴木玲子/本多敏行
0627(水)
13「丘の下の作戦 の段」
  浦沢義雄/木村哲/成川武千嘉
  鈴木玲子/高野登・吉原幸之助
0628(木)
14「霜鬼の失格 の段」
  浦沢義雄/木村哲/岡英和
  山田みちしろ/三浦悦子・橋村香保里・玉村幸子
三浦さんではなく浦中さんだった
0629(金)
15「木の葉隠れしすぎ の段」
  浦沢義雄/木村哲/岡英和
  三浦悦子(作監兼一人原画)

本多さん、高野さんが参加しているが亜細亜堂回ですな。遠藤回もあるが、この週では三浦悦子さんの回が最大のキモ。録り逃せない。

バファリン

っぎあ頭痛い!といった具合になり仕事終わった後昼寝して起きたらもっと痛くなっていた。

森田宏幸さんのブログが面白すぎる。作品自体の面白さを超えた舞台裏を久し振りに目撃した(世の中ではいろいろ起こっているようだけど、最近有名なアレとかでもあんまり野次馬的興味はなかった)。ブログの副読本に原作を買いたいくらい。
ただコメント欄は恐くて見れない……

忍たま10期[再]2

脚本/コンテ/演出
作画監督/原画

0618(月)
01「カメ子の相談 の段」
  浦沢義雄/木村哲/清水明
  山崎展義(作監兼一人原画)
0619(火)
02「海の妖怪トモカヅキ の段」
  浦沢義雄/木村哲/清水明
  手島典子/鈴木満・尾鷲英俊・佐藤寿子
0620(水)
03「トモカヅキの正体 の段」
  浦沢義雄/木村哲/清水明
  手島典子/林和男・小山和洋・藤岡真紀
0621(木)
04「妖怪ヌレオナゴ の段」
  浦沢義雄/木村哲/近藤優次
  近藤優次/佐藤直人・三船智帆・廣瀬恵
0622(金)
05「学園長のフィギュア の段」
  浦沢義雄/木村哲/近藤優次
  近藤優次/芳賀亮・舛田裕美・浦智子

大空魔竜山崎作監回・手島作監回はゆめ太カンパニー(?)、近藤さんが入ってる2回はスタジオ座円洞かな。原画に尾鷲さんもいる。個人的には座円洞回お薦め。

忍たま10期[再]

とりあえず水曜からの3回分だけ。10期はかなり録ったので手元にあるだけ情報出します。頭の数字は本放送時の話数、再放送だと続きもの以外かなり入れ替わるので困る。

脚本/コンテ/演出
作画監督/原画

0613(水)
08「夜明けの朝礼 の段」
  浦沢義雄/望月智充/横山広行
  大武正枝/藤井七菜・佐々木綾子・山崎絵里
0614(木)
09「給水ポイント の段」
  浦沢義雄/望月智充/横山広行
  大武正枝/藤井七菜・佐々木綾子・山崎絵里
0615(金)
10「3つのコース の段」
  浦沢義雄/望月智充/横山広行
  大武正枝/三浦悦子・橋村香保里・玉村幸子

いきなり望月コンテ!クレジットを見る限り水・木の原画は夢弦館投げ、金は亜細亜堂自社のよう。
忍たまは再放送ではエンディングを最新のものに差し換える為、クレジットを付け直したさい、各エピソードのスタッフを入れ間違えていることがままあるので注意。

A先生

NHKラジオ第1『今夜も大入り!渋谷・極楽亭』A先生出演。いつもよくしてる話とか。芦田伸介さんと飲んで「たのもしい顔」を描いた話とか。あれってマジ話というか、眼前で本人を見て思い付いたんだねえ。個人的にはあまり誰も語らない林家木久蔵マンガ家志望時代の話を、少しだけど聴けて良かった。
A先生のメディア露出で、なんかある度いつも思うけどF先生のマンガの思い出FAXとか選り分けてよw

HDDとポケットラジオを繋げて録って、終わった後に聴いたら音質も悪くないし、よし。と思ったら3分しか録れてなかった。っうっぁえこゎふ。両面30分×2のカセットテープでも録音。安物レコーダーなので音楽がかかったとき裏返し。まあよし……

『お宝TVデラックス』忘れてた。テレビつけたら小ラー鈴メ木池伸ン一さんが。

静香ちゃん

クレしん、録画にノイズがないか通して観直してからDVDに焼く(定例儀式)ドラはじっくり観たいので後回し。

林静香さんの絵がまた変わっていた気がする。予告で流れた夫のほうの作画はすごい安定感なのにwなすびのようなしんのすけ、缶切りの先っぽみたいなみさえ、風呂の椅子っぽいシロ。なんというか、怒ったみさえの顔とか、大塚リスペクトが増している。空き巣に間違われた男性の妻の腰の入った振り向き(19:47"31)、このホネホネ感!ちなみに個人的なコマ送りポイントは(19:48"50)自転車二人乗り。あんなフラフラ運転を描きながらちゃんとペダル踏んでるし。何故こんなに立体に狂いがないのか。知らんけど。
次週は夫高倉佳彦&クレしん1年以上ぶりの大塚正実作監。もう今カウパー出てる。

今更だけどニッポンレンタカーCMは木村陽子さんか……ほんと今更……

ドラ他シンエイAプリスト視点予定

◆ドラ予定
6月15日 恐怖のジャイアン誕生日フェスティバル
  「恐怖のジャイアン誕生日リターンズ」(オリジナル・前週の続き)
  「ジャイアン反省・のび太はめいわく」(てんコミ36巻)
  └→「ジャイアンが負けちゃった!?」
6月22日
  「してない貯金を使う法」(同4巻)
  └→「してない貯金をつかっちゃお!」
  「へたうまスプレー」(同43巻)
  └→「のび太がピカソに!? へたうまスプレー」(同43巻)
6月29日 1時間SP
  「海賊大決戦 ~南海のラブロマンス~」
 (オリジナル?「南海の大冒険」?)
7月 6日
  「地平線テープ」(同28巻)
  「たまごの中のしずちゃん」(同37巻)
  └→「たまごの中のしずかちゃん」

今回のお惣菜。「地平線テープ」で風呂、「たまごの中のしずかちゃん」なんというか………………ううん。

続きを読む

うんこカレー

FC2ブログ同士だと訪問した先に履歴が残るようになっていて、まあ基本的に足跡を残してもいいやと思って設定を変えずにいるのだが、人様のFC2ブログに初めて訪れるたびにいつも後悔したりしてな。バカじゃん?

毎日休みなしで仕事してても夜になるとニート気分になるのは何故?

買い物



例のやつの原作。映画も原作(ダジャレ)

すげー面白いけどこの人動物大好きすぎるんだよな、きっと。もう少し俯瞰で描いて

超いまさら本。あんまり今更すぎて2アウトくらい

山田鈴木

なんとなく寝て起きたらテレビでジブリがどうとか。のび恐2006ファンとしては山田くんに頭が上がらない訳ですが。男鹿さん展があるので美術は男鹿さんしかクローズアップされない。ナレーションがいちいち大仰でハッタリ臭くてうぜえ。鈴木さんは弾避けの的なのが見え見えなのにみんな入れ食いで罵倒するよね。太公望。鈴木さんかっこいいよ鈴木さん。
かなり適当な番組へのかなり適当な感想。

ウメ星デンカ2

今思い出したけど、何故今日こんなことを書いたかというとさっきまでテレ朝チャンネルで放送してたからだった。
次の放送は0610ほか。

ウメ星デンカ

私が好きだった頃の某都アニメーション。

『ウメ星デンカ 宇宙の果てからパンパロパン!』スタッフリスト(エロバナー御免)
話は原作からの無茶なパッチワークでどうでもいい感じだが、これが、当時の藤子アニメにしてはもう動いてしようがないという程動く(という程でもないかも知れんが、ひとによっては……)。芝居がすごくAプロAプロAAプロプロしいし、現代風なのにキャラは原作っぽいし、これがテレビシリーズになっていればなあ。映画とは別に、シンエイ動画によるパイロット版が存在するらしい。[レイアウト/木上益治]ってことでレイアウトも観よう。
DVD同時収録の2本もお薦め。っていうかドラえもんとドラミなので商業的にはそっちがメイン。

ちなみに
流星、夜を切り裂いて ~FLY HIGH~
デンカを語っているブログ発見。
『2112年ドラえもん誕生』の末吉さんは多分ドラえもんにクラスメイトが駆け寄るカットかな。そのあと幼セワシがドラのヒゲを引っ張るのが林さんか。エンディングアニメののび太が末吉キテレツっぽかったので、そこでもやってると思ったけど今観ると芝居が林さんのような気も。まあちゃんと観返さないと詳しくはわからんし、ちゃんと観ても判らないかも。



仕事が早く終わって時間が空いたのでワンニャン時空伝とか。やっぱり面白いわあ。
マンガ家の命日
藤子
Mia et le Migou
Brendan et le secret de Kells
Homicide: Life on the Street
買わないという選択肢はない ホミサイド/殺人捜査課
最近のコメント
ブログ内検索
◆のおすすめ





邦題『フォスターズ・ホーム』第2シーズン、米版リージョン1、日本語なし。
第1,2シーズンのセットもあるよ。

邦題『フォスターズ・ホーム』第1シーズン、米版リージョン1、日本語なし。









最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。