スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤子本

『藤子・F・不二雄×ビッグコミックSF短編集』上下巻
収録順が意図不明にバラバラなのはまあいいけど、ヨドバ氏シリーズ最後に描かれた『懐古の客』がシリーズの一番最初に収録されてるのはダメだろ。時間的には最初の話だけど。このシリーズだけひとまとめ。解説とかあるかと思ったけど無し。パーフェクト版持ってれば買う必要なし。
あと個人的にはパーフェクト版にしろ注釈ナシで『コラージュ・カメラ』を収録できるんだから『ジャングル黒べえ』くらいわけないと思うですが。


『クリネタ』第5号
誌名の通りクリトリスを見ながらオナニーしようぜという雑誌。
A先生座談。24ページとここ数年では多分いちばん長大な雑誌記事。長友啓典・南信長・佐山一郎三氏の聞き手が巧い。私より濃い藤っ子ならどうか判らないけど、初耳の話がかなり多くて充実。過去の談話と食い違う話も。是非買うべき。かなりお得な買い物ですよ。
あと65ページにシンエイ動画の広告。富永さん画のドラレギュラー5人が。


何故買ったのか…付録ドラえもんオリジナルマルチケース。
スポンサーサイト

怪異

金田龍之介死んじゃったのかー…

なんであるの。

撃墜するとこすっごい見たいなー
不謹慎かもしらんが

BS世界のドキュメンタリー

『ベルリンの壁崩壊 東ドイツ最後の1年 前編 通貨統合の波紋』
ベルリンの壁崩壊後、通貨統合前後のビジネスや詐欺。成功した人や失敗した人。東独側の悲喜交々が多いかな。
いいなー、当時の状況は映画化できるよ。ノンフィクションとしても、エンターテイメント作品でも。

ナレ大塚芳忠。バンキシャ。

ドライカレーを食べた約6時間後カレーライスを食べる

TBSの寒さが尋常じゃない

赤っ塚

ETV特集
A先生はいつもの話。面白いけど生前もこればっかりだったし没後以降は以前より短い間隔でこればっかり喋ってるから飽きた。しょっちゅう出てくる話をインタビュアーが予習してないのだな。
これもまた半分の時間で充分な番組だったなあ。

直前の時間にBS2でやってた手っ塚番組はA先生のAの字もなかった。Bの字はあった。先生の字もあった。今のところ2回先の放送予定まで出番なしっぽい。それ以降に期待。

ティム・ガン

NHKで放送開始の『ティム・ガンのファッションチェック』
ティム・ガンは金尾哲夫さん。ランウェイの田中正彦さんのイメージから大きくはかけ離れていない。予告見たらちょっとカマ喋りっぽかったけど。
ってかこんなのまでチェックするのか私は。

ティム・ガン/金尾哲夫 ヴェロニカ・ウェブ/本田貴子

寝て起きたらすべてが終わっていた
恐ろしい…

マンザイ太閤記

いしいひさいちモノとか、芝山監督がよく作ってたようなメインキャラが有名人の。藤子アニメ映画と違い、時代に消費され後年日の目を見ることが滅多にないアレアニメ。
テレコムのホームズ対談でタイトルが挙がって、人がそちらへ行ってたことを友永さんが語っていていつか観たいと思っていたが、アニメ様365日によると

>『マンザイ太閤記』は僕が知っている限りではTV放映も、ビデオソフト化もされていない。


工工エエエエ(´Д`)エエエエ工工

もう…死ぬしかない……














チャンネルNECO「ヨシモト ワイワイシネマ フェスティバル」
『マンザイ太閤記』
監督:澤田隆治 高屋敷英夫
キャラクターデザイン:山藤章二
声の出演:ぼんちおさむ ぼんちまさと 島田紳助 松本竜介 今いくよ 今くるよ 桂三枝 横山やすし 西川きよし


工工エエエエ(´Д`)エエエエ工工

0404(土)20:20~
0407(火)15:10~
0417(金)26:40~
0429(水)17:00~

死なずに済んでよかったね!

そういえばウォッチメン今日封切か。うかうかしててまだ読み終わってないぞ。うっかうか。
ドラも前売1枚残ってるし、今日は無理だが近いうちにはしごするか…

BS世界のドキュメンタリー

『30年後の祖国 ~イラク人が見た戦後~ 後編』
ジャーナリストが30年ぶりにイラクに戻ってきて家族を撮る、という…なるほどそういう番組だったのか…
新憲法の可否を決める国民投票のころの家族の様子とか、墓参りとか、家族の拉致とか、いろいろ。
重いが皆事件に慣れているふうで尚更重い。

『BS世界のドキュメンタリー』のイラク関連総括はこれで終わりらしい。

またも

ビールこぼした
ビールこぼすな

BShiその他ドキュメンタリ

『世界史発掘!時空タイムス編集部 「スパイたちの告白 核戦争はこうして回避された」』
エイブル・アーチャー83の内幕。
途中まで観てあとで続き。海外番組を再編集してスタジオであれこれ。世界丸見えかと、NHKよお前らがそれをやるのかと(1テーマに絞っている点ではTBSの古代エジプトものとかのほうが近いかも)。ハイビジョン特集フロンティアでもときどき日本オリジナルのドキュメントをくっつけたりするけどね。芸人ワイプがないだけましか。出ていた平泉成は嫌いじゃないんですが。
新番組のパイロット版として試金石に作られたんだろうか。これがレギュラーになるとちょっとなあ。

つつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつ

案外判り易く解説してるなスタジオ。

稲葉実宝亀克寿佐々木敏ほか

、遅い

20081219
dora20081219.jpg
確かにこの解説はおかしい。木村哲さんか。いつもは好きなんだけどな、「のび太の部屋の地平線」とか。後半についても、地味なレイアウトを徹底したほうが原作のロジカルさが際立ったんじゃなかろうか。木村さんは大抵、仔細はさておきダイナミズムで押し切る感じ。

これは今朝のだけど
dora20090307.jpg
、遅い。関東ではあたしンち枠。

別に欠かさずドラ感想書いてる訳じゃないんで補間ではないんだけど、思いついたとき時間があれば。本放送で観た後気が乗らなかったり時間がなかったりして書きそびれる。
放送から数ヶ月後録画をチェックするのでその機会に…ということで。

BS世界のドキュメンタリー

『30年後の祖国 ~イラク人が見た戦後~ 前編』
仕事でイライラしつつながら観ということで意味不明。


稲葉実、落合るみ(?)ほか

藤子・F・不二雄のパラレル・スペース

そういえば届いたんだった。本編は置いといて(一生…)メイキングをちょっとづつ。「値ぶみカメラ」は監督が「成功するか失敗するかはさておき自分がやるべきと思った」みたいなことを言ってた。私もこういう「原作通り」は成否はともかく誰かが一回は踏むべき地雷だと思う。原作とちがう!とおこりだすひとたちにむけて!
原作マンガは紙質がイマイチ。こんなものにカバーつけなくても。
原作を読んでも私がドラマ「あいつのタイムマシン」を一押しした理由はわからないかも知れない。
監督の名前を胸に刻んで「二度とこいつが撮ったのは観ない」と思った「かわい子くん」、原作を読めばなぜ私がキレながら感想を書いたか判る筈。あーおもしろかった!けっさく!筧昌也監督さいこう!

原作を知らない人が買うつもりなら特典付きにしたほうがよいです。

ろぼっ子ビートン

記憶よりずっとアニメとしての質が高い。特に脚本と作画。ほかにも安彦コンテとかいろいろ。中の人等はもと虫プリアンの筈なのにかなりのパチAプロっぷり。竹内留吉さんは東映から移ったガチのAプロ人かな。まだ先。
ガキおやじってこんなに毎回大活躍だっけ。サイコー。
明日のコンテは坂口尚。うはーすげー。
テレビアニメ放映リスト-『ろぼっ子 ビートン』

>作る作品はきわめて低品質で「アマチュアのサンライズ」と言われていた。安彦良和によると「ものづくりの会社としてはとてもいい加減だった」とのこと。
なんだと(`・ω・´)(創映社=サンライズ)

>「坂口尚?えっあの天才が?もったいないあなたのような人が!」とサンライズの面接に来た坂口尚に驚いたエピソードを紹介している。ろぼっ子ビートンでは坂口尚が絵コンテを担当したが、もっと別な作品でやって欲しかったと安彦は述べている。
ビートンにひどい言い草w

BS世界のドキュメンタリー

『笑いと涙が人々を救う ~イラク復興 テレビの力~』(再)20061119初放送
フセイン政権崩壊後、テレビ局開局が相次いだ2004年当時、娯楽番組黎明期のイラク。
素人歌手の審査番組とかソープオペラとか、先進国と対して変わりない番組が好まれる。古いフィルムで見る戦後日本のような熱気。俳優が逮捕されるなど不安定な社会情勢を反映したた事件が起こる。爆撃された家をリフォームするような番組だったり、過去・現在のイラク自身やアメリカに対する批判をメインテーマに据えたコメディだったり。自由にコンテンツを作れるよう社会が変革すると、どこの国でも自然とアメリカナイズされた番組になる傾向があるのかも知れない。

ナレ真中了
宝亀克寿ほか

BS世界のドキュメンタリー

『よみがえるタリバン』(再)20070219初放送
タリバンとパキスタン、パキスタンとアメリカ、パキスタンとアルカイダ、っつーことでパキスタンの外交関係が中心。西側にとってパキスタンは頼りないが渋々付き合って行くしかないとかそういう話。
かなり中身が詰まってるので1回観ただけじゃ…カタカナの固有名詞だけで混乱する。

ナレ大塚芳忠
秋元羊介星野充昭落合弘治清水明彦ほか
大塚さんのせいじゃないけど(っつか大塚さんのせいだけど責任ではない)、なんか微妙にバンキシャ。ちょい萎え。大塚芳忠さんすみません。別に知り合いでもないのになんで平身低頭。

ろぼっ子ビートン

ファミ劇
とりあえず月曜の第1話観た。流石リマスター綺麗だけど、フィルム洗浄と大きい傷消しくらいなのか、フィルムの時点で付いたと思しき細かい汚れはあった。撮影時のホコリを消さないのは正しい。ヤマトと一緒に宇宙空間を進んでる白い宇宙アレ物質。宇宙汁。

世代的に再放送組。全話ちゃんと観たことはない筈。杉山佳寿子が珍獣役(米)じゃないことに違和感を覚えながら観ていたかも知れない。記憶にあるビートンはほぼ桂玲子のビートン。イクラはどうしようもなくうざいがビートンはかわいい。ガキおやじがキチガイすぎるというのは子供の頃の印象と全然変わらない。トン子の声はハザマローンの社長だったんだな、知らなんでぃすた。
Bパートはビートンがマーちゃんの両親に受け入れられて一緒に住めるようお手伝いをするがことごとく失敗するという藤子的なやつ。「ビートンを置いてくれないなら家を出て行く」というマーちゃんの脅しに両親が屈し一緒に住めるように。円満解決してないと思います。まあこういう作品の導入は大体こんな感じのなし崩しだと思うけど。

やっぱりDVD出たら買うリスト上位(藤子ものは別格として除く)
週4回帯に最後まで着いていけるかどうか。

(米)家庭に居候するキャラ全般が「珍獣」

つつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつ

ああ、しし男もやってたっけ。忘れてた。

忍たまDVD

やっぱ16:9に変わった境目だからかな。16期コンプリートDVD。発売元はジェネオンからフロンティアワークスに。このシーズンは芳川弥生・市来剛・吉原幸之助作監の修正が全体的に満遍なく行き届いていてシリーズ随一の安定感。遠藤少な目・藤森本編ゼロが弱点。
多分ノンテロOPあるよね、今のとこそれだけ欲しい。
8千円くらいなら買うけどな。それか800円。

イチロースゲーな
スゲローですわ
ぶるますげろー

仁義なきWITHOUT A TRACE

松方弘樹が出演したWITHOUT A TRACE第4シーズン第14話(第84話)「丁か半か」

withoutatrace4.jpg確かに出てた。けど出番これだけで拍子抜け。
日本語しか喋らないので吹替はなし。

withoutatrace1.jpgスカイリンクってやつ?どっから持ってきた何時の映像だよw
恐らく他の映画を撮影したときの映像を切り抜いてライブラリとしているんだろう。軍隊もののドラマで軍用機など使用にコストのかかる兵器の映像を使いまわすなどでよく使われる方法。
米のナイトドラマでは未だにフィルム主流だからこそ出来るんだろう。ふつうに羨ましい。

withoutatrace2.jpgウールマーク。

withoutatrace3.jpg明るくしてみた。
バスマニアの人ならだいたいの時期が判るんだろうな。
っつーか2005年の話なんですが。

まあこんなもんだろうと思ってた。この回にはいろいろ言いたいことはあるけど、別にいいか。話は並。怒りっぽい人は観ないほうが。

BS世界のドキュメンタリー

『暗躍するシーア派暗殺部隊』(再)20070320初放送
米軍が撤退したら後ろ盾が大きいシーア派民兵抑えられないじゃんという批判を含んだ話。多分。
病院で拉致されたり殺されるのは怖い。スンニ派の医師まで病院から逃げ出したというのは宗派内でも過激派がすべてじゃないという重要なポイントだと思ったがわりとあっさり。
昨日観たばかりなのにほとんど忘れた…

ナレ高島雅羅

土日に敢えてヒゲを剃らず、伸びたとこを毛抜きで抜く。毛根が多いと当たり。ガリガリ君もう1本。
別に土日が休みって訳でもないけど。

BS世界のドキュメンタリー

『ドキュメント フセイン裁判』(再)20070319初放送
裁判官の交代や弁護人の暗殺で大混乱。ニューヨーク・タイムズ記者の人の見解が(ニューヨーク・タイムズ記者ということを考慮した上でも)一番ニュートラルだったかな。まあ検察も法廷も弁護側もちょっとあれな。依頼人の死刑を目前に弁護団が奇策を取ることの予測は司法関係者じゃなくても容易い、その点ではむしろ弁護側が多少冷静ではなかったかと。といっても奇策を是認するわけではないよ。
フセイン政権崩壊後のイラク混乱を材料に、フセインのほうがまし/フセインは正しかった説を揚げる人は日本でも珍しくなかったが、これは早計だろう。処刑から2年ちょいだけど今でもまだまだ過去の決断の是非を問えるほどは経過していないと私は思う。つってもいずれは大悪党フセインとして教科書には載ってその評価で固まってしまうだろうけど。どうしたって覆らない流れというのはあるもんな。フセインはクルド人にひどいことをしたよね(´・ω・)

ナレ小幡研二
佐藤正治ほか
というか佐藤さんの印象が強すぎて他はよく聴いてなかった。

BD

MBD(マベデ)

バンドデシネの専門ショップだそうで。気になるのあるし利用するかも。
日本語翻訳されてるものすら読み切れてないのに
フランス語はフランスベッドしか知らないのに、

をたしンち

今週のあたしンちはユズヒコがアニメーターを目指す話。
アニメを観ていて「なるほどー」と画面に注目するシーンに作画ヲタの片鱗を見た。
半分くらいほんと。
「ユズ、パラパラ漫画」
マンガ家の命日
藤子
Mia et le Migou
Brendan et le secret de Kells
Homicide: Life on the Street
買わないという選択肢はない ホミサイド/殺人捜査課
最近のコメント
ブログ内検索
◆のおすすめ





邦題『フォスターズ・ホーム』第2シーズン、米版リージョン1、日本語なし。
第1,2シーズンのセットもあるよ。

邦題『フォスターズ・ホーム』第1シーズン、米版リージョン1、日本語なし。









最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。