スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イントゥ・ザ・ブルー/失われた財宝

ジェシカ・アルバ/新谷良子だって。知らない人だ、声優なのに。そんでまあ、うーん…
青山穣ファンとしてもうーん。息の入れ方には「ああ~私の好きな青山ブレスだー」とか思って聴いていましたが、あっさりと。

安原さんが一番輝いてたね!
スポンサーサイト

Bécassine, le Trésor Viking


前から気になってはいたけどこのトレイラー観る限りでは原作ファンだけ楽しめばいいやって作りなのかも。原作はすっごい古くからあるBDだそう。

昨日見た夢
ヤッターマン(実写)の監督と村田蓮爾の正体はキャイーン天野

萌え4コマはこりごりオチの導入を真剣に検討してみるべき

やっぱ無理
何故ならクソ高いから

悟った

スパイシーチリドッグと黒胡椒チキンだけで生きていけるわマジで

昨日までは抽象的なメシを食っていたが今日久し振りに具体的なメシを食った

まあぶっちゃけパーマンの登場人物ってみつ夫ママだけでいいんじゃん?

最近は滅多にないが「もう○○はこりごりだ~」でサゲるのがあまりお好きでない。
両さんが金儲けにこりごりになったらこち亀終わるじゃん?

ただこれ名劇とか長いシリーズものの最終話でいっぺん観てみたい。

最近は『サザエさん』くらいだが、アイリス・アウトでサゲるのがあまりお好きでない。それに関する箇条書き。

・子供の頃はなんとも思わなかった。ということはやはり子供騙しの手法だったのか?
・ハットリ以降の笹川総監督藤子アニメのオチはだいたいこれ。
・話がオチてなくてもなんとなくオチた気分にさせようとしていて手抜き臭い。
・「お前には判らんだろうけどこのキャラがさっき言ったせりふがオチだよ」とバカにされてるような気分になる。
・作品全体が面白くても最後にこれがあると余韻が消えてガッカリ。
・マンガが原作でもやるときはやる(アイリス・アウトを)。マンガのラストのコマでそんなの見たことないのに。
・穴が閉じたあと、キャラが穴をこじ開けて「まだ終わってないぞ」的なメタ演出。どうだ斬新だろう面白いだろう。的な。
・上記のメタ演出がどうしようもなくうざいと思い始めたのは『キテレツ大百科』から。
・ちょっと古い映画を観ててこれがあっても不思議と全然嫌じゃない。
・アニメでも手抜き用ではなくもっと効果的な使い方がある筈だと思う。

ということでこれについて書いたのは初めてだけど、ちょっと古いギャグアニメを観るときはラストでガッカリし通しだったのだ、実は。まあ子供のころ観たアニメを今観る分にはすっかり慣らされてるんですが。あと覚悟の度合いによってガッカリ度は変わる。

F集

更新されて9,10月分の収録ライナップが載ってますぞ。
オバQ「ゆうれい部落」だって。やっぱ恐いもんなしなんだなあ。小学館的にも『カムイ伝』が全然OKなんだからそりゃ問題なんかないですわな。

『愛…しりそめし頃に…』もう出てるんだっけ。『まんが道』ワールド・現実世界からの異次元化が加速した時期のエピソードの筈だな。ぶっちゃけ本編は多分だいたい連載でフォローできてる筈なので付録の内容のほうが気になるところ。

水グソもんもん

滅茶苦茶に腹が痛くなって困った。もんもん。
風邪はほとんど治ったのに。

secom.jpg

謹慎前より肌綺麗になってるな、なんか。どうでもええ。
なんかメンバーの絆とかなんとか既に美談っぽく報道されてる気が。どうでも。

ナス

平川監督『川の光』はぎゃろっぷ。

BS世界のドキュメンタリー

『カブトガニとコオバシギの奇妙な関係』
コオバシギが減少した原因にはカブトガニの乱獲があるらしいことが判り、カブトガニの調査と保護を行う。一方でカブトガニを魚の餌に使っていた漁師が困ることになり、カブトガニに変わる餌の開発を進める。
それ以外にも様々な障害。

ナレ窪田等
島香裕、紗ゆりほか

血痰出た血痰…

BS世界のドキュメンタリー

『ヘラジカと暮らす街アンカレジ ~密着 動物パトロール~』
アンカレジの街中に現れる動物と、それらに対応する当局の人達。
えーと青野武ほか。

意識してないときはあんまり咳出ないのになー

風邪で頭が痛いんだか
咳のしすぎで頭が痛いんだかわからん

BS世界のドキュメンタリー

『長老とグンタイアリの戦士 ~カメルーン シロアリ撃退大作戦~』
シロアリ被害に対抗して、ジャグラヴァクと呼ばれるシロアリの天敵を使う。生活とアニミズムが結び付いており、ジャグラヴァクを呼び出す儀式、雨を降らせる儀式などを行う。カメラの先回り演出が多少気になるが、まあよし。
シロアリの巣をCCD撮影して捉えた体長20センチの女王アリが最高にグロい素晴らしい。
大きいシロアリに対してジャグラヴァクが集団で戦略的に襲いかかるクライマックス。
面白い。オススメ。

ナレ河口博のみ

プロゴルファー猿スペシャル

テレ朝チャンネル | プロゴルファー猿スペシャル「野生の天才少年に挑む美少女ゴルファー紅蜂と香港の竜!」

あにまる屋・福富博版プロ猿、7月放送予定。やったー。観る録る観る録る。
あとはTVシリーズのSPを…西村監督版は猿と他のレギュラーキャラの掛け合いナレーションを被せた総集編的なものを観た記憶があるが、あれもSPに数えられているんだろうか。
というかDVDを。SP、TVシリーズ、映画、CM、ギミアぶれいくの特集を網羅したやつを。

ちなみにシンエイ動画の公式サイトで何故か鈴木小池伸一さんのキャラ設定画が見られる。TVシリーズの本橋キャラよりも寸詰まり感があり相当なAテイスト。

BS世界のドキュメンタリー

『あなたの隣に“トラ”がいる』
トラの飼育の規制がユルユルなアメリカで、トラを飼うバイカー崩れのオッサン。オッサンのトラ飼育に関してのトラブルはネガティブに報道されるが、このドキュメンタリはオッサンに対して同情的。かな。オッサンも、オッサン否定派の言い分もだいたい感情論。

オッサン/家中宏
ほか

佐武と市

10話まで観た。ゼロ回のF的な画は三太にハッキリ出ているな。大人キャラもときどきそれっぽいけど。実際どうなのか。
あとゼロ回は墨絵の美術を演出的に工夫した使い方がいろいろあって面白い。2話、白紙の中に稲妻のような墨の線が描いてあって、なんだこりゃと思ったらPANダウンして松の枝だったことが判る、とか。

「恐怖の島送り」はだいたい想像通りの展開だなーと思いつつ
、泣きながら観た。

まだ治らない。どうしようもない。うどんとか粥とか食う。うどんとか粥とか。なんかないのか他には。

西原

スペリオール『人生画力対決』何が人生なのかよくわからんがA先生登場。西原及び腰。
濃いファンなら昔からA先生がそんなに画が巧くないのを知ってて読んでるんだし、そこまで退かんでも。
スペリオールってスペルマっぽいよね。

カンヤマ

ata20020913b1.jpgata20020913b2.jpg
ヤマカン回はベア研2部作以外も是非押さえるべき。
そしてヤマカン氏はまた戻ってくるべき。Doじゃなくてもいいから。

ああギャラクエやってるんだっけ。DVD版は字幕が戸田奈津子なのでNHK版録っておけばよかったな。

BS世界のドキュメンタリー

だるいのでナレーターだけ
『アフリカ支援は甘くない』1~4ナレ磯部弘ほか
『村に水を引く男』ナレ谷口節、あと島香裕ほか
マンガ家の命日
藤子
Mia et le Migou
Brendan et le secret de Kells
Homicide: Life on the Street
買わないという選択肢はない ホミサイド/殺人捜査課
最近のコメント
ブログ内検索
◆のおすすめ





邦題『フォスターズ・ホーム』第2シーズン、米版リージョン1、日本語なし。
第1,2シーズンのセットもあるよ。

邦題『フォスターズ・ホーム』第1シーズン、米版リージョン1、日本語なし。









最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。