スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メビさん

moebius1.jpg
先週木曜・土曜(再)にNHK教育で放送された『テレビでフランス語』にメビウスおじさんが登場したのでした。

moebius2.jpg先日京都で開かれたシンポジウム。

moebius3.jpg浦沢直樹もちょこっと登場。

moebius4.jpgちなみに語ってた内容は、バンドデシネを知らない人向けで大した内容ではない。ただフランス文化に興味のある人の目に触れやすい番組で取り上げられたことは良かった。

インタビューはNHKテキスト『テレビでフランス語』9月号にも載っている。立ち読みで済む程度なので書店で見かけたら是非。
スポンサーサイト

mittiy.jpg
ガンダムイベントの番組やってる。けど寝る

Mia et le Migou

そろそろネタも打ち止めかなーと思ってたところ
Mia et le migou ; les rebelles de la forêt
なにこれ?10月9日発売のDVDで価格は本編DVDと同じ。詳細を調べようとソニピクフランスのDVDサイトを探したが出てこなかった。ギー。
買います。なんかわからんけど。

台湾モノは買えるか微妙。

Donjon Crépuscule

Donjon Crépuscule, Tome 104 : Le Dojo du lagon
donjoncrepuscule104_1.jpg
はいサッパリ読めませんよー。

donjoncrepuscule104_2.jpg
おちんちーん!

Donjon Crépuscule, Tome 105 : Les nouveaux Centurions
donjoncrepuscule105_1.jpg
はいサッパリ読めませんよー。

donjoncrepuscule105_2.jpg
この宮崎駿的ビジュアルセンスがそもそも『ドンジョン』全体に通じてるものなのかKerascoët独自センスなのかもよう判りません。

donjoncrepuscule105_3.jpg
スケアディ登場。


読めるようになったらまたブログ記事にします、う。
KerascoëtのBDいろいろ買って判ったこと。Jolies Ténèbresむっちゃ判りやすい話だった。これはあれ、フランス語力ゼロでもOKなんで是非買って下さいよ。Kerascoëtの他のBDはともかく、Jolies Ténèbresだけは手放しでオススメしますよ。気になるコマをピンポイントでweb翻訳するだけでだいたい判るんだもんな。

ほーれほれ買え買え。

Kerascoët

『Donjon Crépuscule』2冊、『Miss Pas Touche』4冊、BD jazz『Anita O'Day』届いたけどどう紹介すればいいのか。特に『Miss Pas Touche』はミステリということでリーディング必須、お手上げ。
あとでいくつかスキャンUPするかな。

BD jazzシリーズは国内amazonでもいくつか手に入るものがある。『Anita O'Day』はないっぽい。マーケットプレイスで結構な高値のもあるんだな。ナット・キング・コールがちょっと欲しい。

「Kerascoët」カテゴリ作る。今後の為「バンドデシネ」にしたほうがいいかも知らんけど。

ニセ科学を見抜く練習問題(「バイオラバー」応援サイトから) - NATROMの日記
バイオラバーってインチキ? - NATROMの日記


バイオラバーを取り巻くあらゆることが神懸り的に胡散臭いw
特に擁護者が胡散臭さを際立てている





CMだけでなく効用も意味不明すぎて凄い

今度からフランスモノを買うときは輸入書店にリクエストして、ダメなときだけamazon.fr使おう…

hassurupanchitp1.png hassurupanchitp2.png paprrbiscuittp.png
twitpaintのほうが面白いわ

お酒飲んでないよー


オフィスチェアの場合。FC2便利だな。
座椅子は宿題。

座椅子の場合はどうするかな…床を掘るしかないか?
座る部分が厚めなら大丈夫かな。うんこが尻に付かないほどの厚みだとそれは最早座椅子じゃないな、

テレビ観たいVSうんこしたい
椅子に「うんこポケット」付けて売ろうぜ!

ドラ

ドラさん→寅さんとうまいこと話の展開に合わせた良アレンジ。
と思ったけど原作にあったっけ、思い出せない。単行本チェックも面倒臭い。

dora20090821_01.jpg冒頭から特効でフレア。それも昔ながらのブラシで描いて輪郭がハッキリしてるやつではなく、PANにあわせて生っぽく変化。『ドラえもん』に限らずレンズフレア自体はやりすぎるとアレだが、つかみとしてはかっこいい。ありがとう技術革新。
しかし実写だとコレを出さないよう創意工夫してるけど、アニメやCGの世界じゃ正反対にレンズフレアのリアルな描写を追求するほうが多い気がするな。実写・アニメ互いに、無意識にでは出来ない演出をしようとしてるからなんでしょうか。

続きを読む

F集

復刊コムから第2回配本の出荷予告メールが来た。よっぽど前回のミスを挽回したいんだなあ。

ドラ

今回出たDVD『夏のおはなし2008』『秋のおはなし2008』はそこそこいい感じのライナプじゃないでしょーか。買ってよし。

藤子LD

『わが青春のトキワ荘』ジャケ画が石ノ森章太郎。

ドラDVD

注目リリース:ワーナー・ホーム・ビデオ、「ドラえもん みんなが選んだ心に残るお話30」発売

◆30エピソードの、過去に製作された全てのバージョンを収録!
 例えば、『「台風のフー子」編』収録の「台風のフー子」は1979年と2007年に製作・放映された2バージョンを収録、『「おばあちゃんのおもいで」編』収録の「おばあちゃんのおもいで」は1979年、1986年と2007年に製作・放映された3バージョンを収録するなど、昔見た懐かしいドラえもんと、今見ているドラえもんを親子で楽しめる上、実はマニアも必見!?


「台風のフー子」が原作(原案)の「太陽たまご」19990108は別バージョンじゃないんか……
あと「ドラえもんが生まれ変わる日」の30分バージョンはどうなる。

この件メル凸するかも。いや決めてないけど。

なんで唐突にブラックサッド?

ブラックサッド

『ブラックサッド』の面白いところはエピソード毎に世界を取り巻く様相が、エピソード毎に変化するところだ。有体にいうと書き手の都合で。
1巻『黒猫の男』では、黒ネコのニヒルな探偵、イヌの警官、イタチの新聞屋、巨漢のクマやサイの用心棒、トカゲの悪役など、それぞれ動物の持つ擬人化イメージの最大公約数に従って描かれている。
ところが2巻『凍える少女』では、その辺りの設定を完全に無視した訳ではないが、全く別の価値観が盛り込まれている。黒い動物と白い動物に大別して人種差別を描いており、各種族としての差はほとんど意味を成していない。白いオオカミと白ヘビが仲間だったりする。別の動物同士で子供作ったりしていて、1巻のパターンから一線を画す社会構造になっている。1巻でも別の動物同士の恋愛関係は描かれるが、生殖までは表現されなかった。
3巻『赤い魂』は、人種差別の話題を盛り込まず1巻に近いパターンに戻っている。『ユーロマンガ』vol.2に載っている完結編の最後に付いてるおまけカットが更に新しいパターンを形成していてちょっと面白かった。ポンチ絵的つーか。

次に描かれるであろう第4の動物社会がどんなものになるか楽しみに待っているが音沙汰がない。
第3巻『赤い魂』は未単行本化、『ユーロマンガ』vol.1, vol.2に掲載。

009

「わりこみビデオでテレビ出演」19800901
dorawari1.jpgdorawari2.jpgdorawari3.jpgdorawari4.jpgdorawari5.jpgdorawari6.jpg
初期に番組レギュラーだった井上和彦、スネ夫の肝付兼太をフル活用。中村英一作監なのでかヒロインがAプロ顔。

まる子

まる子観てる。山根父がウザくないのは脚本家の資質か。まる子は今でも画的に頑張ってるけど1期ほど俎上に上らない。

chibimaruko20090816.jpg
いい炎

・駅のプラットフォームに立ってぼーっとしてると、線路に吸い込まれそうで怖いんだよねときどき。きっと世の中の飛び込み自殺のうち何件かは、べつに死にたくなんかないのに線路に吸い込まれてしまった人なんじゃないかと思うのです。
・サザエさん、観たいという欲求なんか全然ないのに観ないと祟られそうで怖いんだよね。今、高視聴率の秘密に迫ったような気がする。

すべては気のせいかも知れないけど、世の出来事のうち何パーセントかは気のせいパワーで動いているのだと思う。強迫よりももっとずっとぼんやりした意識の力、気のせいパワー。

sazae200908162.jpg
時空の壁超越

sazae200908161.jpg
なんか怖い
マンガ家の命日
藤子
Mia et le Migou
Brendan et le secret de Kells
Homicide: Life on the Street
買わないという選択肢はない ホミサイド/殺人捜査課
最近のコメント
ブログ内検索
◆のおすすめ





邦題『フォスターズ・ホーム』第2シーズン、米版リージョン1、日本語なし。
第1,2シーズンのセットもあるよ。

邦題『フォスターズ・ホーム』第1シーズン、米版リージョン1、日本語なし。









最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。