スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリズナーNo.6

のリメイク版『The Prisoner』トレイラー

砂漠とか。観たいー。
私を数字で呼んでくださいそして踏んで!!縛って!!!


オリジナル


No.6が軟禁されているのと同じ村の出来事に違いない
スポンサーサイト

映画『9』の元になったシェーン・アッカー監督のショート・フィルム『9』


観たいなー
wikipediaのバートンの項に入ってなかったよ
本国公開日が9年9月9日って考えると、あと90年は待たないと他国で公開されないかもな

ドラ

で「木星の衛星タイタン」ですけどまさか大野木さんがそんな間違いするかなーと思うんですよね。アフレコ台本までのどこかの段階で「土」を「木」と読み違うミスがあったんじゃないかと思うんだけど。『ワンナウツ』みたいに。

三宅さんのコンテ、いつものようにノリノリで始まったけど、AのCM前あたりからB図書館のくだりでかなり緩くなってしまっていた。ストーリー自体をもう少し詰め込んでくれてれば良かったかも、と思わなくもない。
三宅綱太郎さんに関しては、またいろいろと書きたいことが出てくるかも知れないのでそのうち。

最近後出しが多くて申し訳ない。
感想を幾つか拾い読みしたら、今回のアレンジは倫理的な問題を回避するためという見方が結構あって、まあ「人間製造機」が「架空動物製造機」になったのはそういうことだろうけど、結末に関してはその方針とは関係ないのではないかな。実際のところドラえもんが「逆時計」を使ってなかったことにしようと目論んだところは原作通りだし、加えて「タイムふろしき」も登場した。若し倫理云々の都合で原作通りの流れが使えないとしたら、ドラえもんが「逆時計」で解決しようとしたことをしずちゃん等別のキャラが否定する流れになるんじゃないだろうか。
じゃあ何故こうなったか推理すると、原作が描かれたころより時代が下りSFへの関心が本来薄いはずの視聴者の、時間SFに対するリテラシーが(それこそ『ドラえもん』などが理由で)底上げされたことで、原作の大雑把すぎるオチを現在のアニメでは表現し辛くなったのではないかな。原作のオチについては原作読めとだけ書いておく。

その割には「知性の発達を極めた生物は高度に倫理的な精神に到達する」というクラーク全盛期のようなニューエイジ傾倒っぽい思想を注ぎ込んで、「古いなー」とか思った訳ですがw
ラストで『‐‐‐』の‐‐‐のように『新スタートレック』のウェスリーのように旅立っていったミューたん。最後まで観て、「どうせなら‐‐‐のように、人類には解決方法がないピンチを解決してからどっか行って欲しかったなー」とか。伏線をAアバンに配置して。まああんまり日常から乖離した危機を描けないのはドラじゃ当然のことだけど。
『のび太と緑の巨人伝』のキー坊に準えてた人も居たけど、これも全然違うような。ミューたんは性悪説に基づいたキャラで(これもちょっとニューエイジ系のアレかw)、知識を得るまでは悪そのものとして描かれていた訳だし、キー坊の生い立ちとは正反対だ。

ということで、なんとなく現アニメ『ドラえもん』が描こうとしている倫理観の概観が判ったようなそうでもないようなエピソードでした。OB杭が何処に立っているか。
面白いかというとそれほどでもなかったけど、そんなに嫌な感じもしなかったのは、こうして考えてるうちになんとなく、作り手も制限がある上で苦労してるんだなーということを感じたから。まあ、より苦労があった作品がいい作品とは限らないが…
『竜の卵』面白いよ。

ドラ

期首特番明けのどこかで「ホームメイロ」「虹のビオレッタ」
ソースはTVぴあ09/05→09/20の水田×大原インタビュー
10月16日分から通常放送

スタイルアップ

『パーフェクトな妻たち ~家事苦手主婦の変身~』「第7・8回 イマドキ女性のお片づけ」
アンシア

エイドリアン/翔香
レイチェル/樋口あかり

篠原剛

ナレーター

翻訳・演出/石川歩
音声/川畑初
プロデューサー/池田達宣
制作統括/石井洋|山本玄一

ドラ

もう木曜か!まとまらない、仕方ないので気付いたポイント、twitterで書き散らしたものなどを箇条書きで。

・高橋渉さん最大のキモは原作の持ち味を抽出したオリジナルエピソード。ではないか。設定の再現に留まらない微に入り細を穿った原作らしさ、かなり読み込んでる筈。渡辺さんの傾向よりブラック志向?
・高橋さんはデジタル特効やCGIに抵抗がない。これは前にも書いた?
・道具の効果のアレンジ、高橋さんのアイディア?今回の「タイムベルト」、「しずかちゃんへのプレゼントはのび太?」での「時空間とりかえ機」
・オリジナルエピソードは伏線の張り方が巧い。原作アレンジエピソードより無理がない。冒頭の野球好きせりふ、空気砲の整備など
・水野宗徳さん、デンジャの背景を描かず「ざぶとんにもたましいがある」のアレンジと正反対
・屋内タケコプター
・戦闘の重量感。槍投げ、直前のツメ
・水田さんの悪役。カイバ
・玄田・大塚

ほらー放送作家でも出来る人はちゃんとした脚本が書けるんだよ。水野さんを見習ってください。誰が?

気分が乗ったらまとめる、かも…
デンジャの更正可能性を描いて再登場を示唆してる気もするけど、パワえもんも1回しか出てないしな。
誕生日SPは毎年面白いなー。ちゃんとDVD化すればいいのに。
あと今更だけど「入れかえロープ」の転送スピードすげー。HDDに使いたい。未来羨ましい。現代の科学技術だとえーと、二つのHDDをくっつけて神社の石段から転がすのが限界。

サンワードのヘボヘボCMすげえ!まったく頭を働かせず作ってる!宝庫!!!



ほんとだ!桐本さんのブログに「退院した」って書いてある。良かったなあ。おめでとう御座います。
誰かは書かないけど。良かった。

twitterで@oldDORAEMONをリムーブしたことを敢えて宣言しておくとする。
こういう人間はtwitterだけでなく現実からも消えて欲しい。
ブログに書くのは後々まで残したいから。

ドラ

さっきオンタイムで観たのにまた録画観てるw面白かったので。感想は明日以降に多分。
一旦金ロー

Mia et le Migou

Mia et le migou ; les rebelles de la forêt

『les rebelles de la forêt』って『オープン・シーズン』の仏題か、なんだつまらん。買わない。何の意図でこのセットなのかよう判りませんが、フランスじゃDVDがいきなりこんなに安くなるもんなの?

マイケル・アリアス監督ドラマ

『上野樹里と5つの鞄』第2話「HOPE」
録ったのまだ観てないけどとりあえず。
hope.jpg
湯浅康生…ググったら実在した。


中継観てたけど松浦さんのムービーのほうがいいってどういう。

あとこの方。

BD JAZZ Anita O'day

BD JAZZ Anita O'day - Kerascoët
BDjazz_ANITAODAY_1.jpgジャズシンガー、アニタ・オデイを描いた読み物、CD2枚。昔の縦長シングル盤が12センチサイズになった感じかな。ハードカバーにBDとデジパックトレイが付いてる。
アニオタの日。

BDjazz_ANITAODAY_2.jpgちょっと物足りないがCD2枚で充分安い(送料は無視して…)し、そのおまけと捕らえるとなかなか徳用。アニタ・オデイが好き、ジャズが好きって人以外には特に薦めたりしませんが。

国内オンラインショップでは多分今は買えない。


台湾版。
未だにボロカス言われてるけど私は肯定派ですよ。レイアウト、コマ運びから異色短編を相当読み込んでるのが判る。少年SF短編より異色短編。


エスパー魔美の仁丹消費量を検証してみた (Excite Bit コネタ) | エキサイトニュース
偉いよwこの種のデータは『ドラえもん』だと豊富なんだけどな。次はアニメ版のビーズ消費量と分解しないアクリルが環境に与える影響の分析を希望。
しかし位置関係がハッキリしてて移動距離から仁丹使用量を推測できる場面もあるのでは。

Crash Test
ハンドドロウ+トゥーンレンダリング。
メインキャラを手描き、同一モデルの無個性集団にトゥーンレンダリングと使い分けて馴染みがいい。

The Red Hot Chili Pepper - Le Piment
トリップもの。なんとなく『私の好きな歌』を思い出す。飛び跳ねるニワトリが面白い。

スタイルアップ

『パーフェクトな妻たち ~家事苦手主婦の変身~』「第5・6回 元警官VSものぐさ主夫」
アンシア

タマラ/磯西真喜
リアム/石住昭彦

原田晃
まさきせい

ナレーター

翻訳/日下尚子
演出/石川歩
音声/川畑初
プロデューサー/池田達宣
制作統括/石井洋|山本玄一

えーっあるばたいんさん亡くなったのか。
残念です。これ以上は言葉もない。
私はブログに書き込む程度のお付き合いで、オフで会ったこともありませんのでもっと親しい人が書いたものを読んだほうがいいでしょう。
善人を体現したようなブログだったと思います。
短い間でしたが、ありがとうございました。

Mia et le Migou

Mia et le mystère de l'oeil noir
→amazon.fr
→紀伊國屋書店

miaetlemigouLIVRE7-1.jpgmiaetlemigouLIVRE7-2.jpg
ソフトカバー、125mm*180mm、40ページで薄いけど紙質はいい。
映画『Mia et le Migou』のプレ・ストーリーで完全オリジナル。のよう。監督自身の執筆か?
無論挿絵もオリジナル、Annette Marnatさん。ブログ発見!アニメーター方面じゃないっぽいけどキャラも背景も映画のイメージに合わせてありいかにもプロらしい。
軽い読み物ですな。その軽いのすらさっぱり読めないけど。
マンガ家の命日
藤子
Mia et le Migou
Brendan et le secret de Kells
Homicide: Life on the Street
買わないという選択肢はない ホミサイド/殺人捜査課
最近のコメント
ブログ内検索
◆のおすすめ





邦題『フォスターズ・ホーム』第2シーズン、米版リージョン1、日本語なし。
第1,2シーズンのセットもあるよ。

邦題『フォスターズ・ホーム』第1シーズン、米版リージョン1、日本語なし。









最近のトラックバック
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。